松戸の博物館へ

投稿者: | 2013年11月8日
kd41d8cd98f00b204e9800998ecf8427e.JPG

森のホールの敷地内ある松戸市立博物館にて、松戸の発掘60年史
というイベントをやっています。

縄文時代の土器から、小金城や根木内城から出土した焼き物(お皿)等が豊富に展示してありました。

松戸だけでも、こんなに沢山あるんだと感心しましたが、発掘現場の多さにも驚きましたよ。この辺り貝塚だらけと言っても過言では、ありません。

幸田地区辺りで出た土器は芸術性が高く、フランスでも展示されたそうで、日本の縄文人のセンスの良さに、パリジェンヌもさぞかし驚いた事でしょう。

今回は発掘調査の仕事をしていた友人と見学出来た為、正にプロの解説付きだったのでより楽しめました。

その証拠に隅々迄、目を通していたら4時間も経過しちゃいまして、時間の早さに自分でも、びっくりしちゃいました。

いゃ〜楽しかった〜!オススメだぞ。11/24迄のイベントデスからね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。